渋谷で注文住宅に住む魅力の一つが何よりも利便性の高さです。ターミナル駅である渋谷駅を中心に都心のどこにでも短時間で行けるのはこのエリアならではの魅力です。ショッピングや食事についても恵比寿、原宿、表参道、青山、代官山などへはすぐにアクセスでき、ファッションやグルメの街ということを体感できます。また隣の港区と並んで広尾など外国人が多く住むエリアということもあり、高級輸入食材などが手に入りやすいのも特徴です。利便性については渋谷駅周辺も再開発されつつあり、今後さらに向上していくと言えます。またこのエリアは利便性だけでなく、自然や文化面でも魅力があります。代々木公園や明治神宮、外苑などには美しい緑を感じることができますし、区内には美術館や映画館も多数あります。まさに便利さと生活の豊かさを同時に享受できる街と言えます。

都心でも常に資産価値が落ちないエリア

さらにこのエリアで注文住宅を建てる魅力としては資産価値の高さも挙げられます。資産価値が高いということは地価が高いということでもありますが、それは将来その家を処分する際には買い手が見つかりやすいエリアであるとも言えるのです。その資産価値を高めている要因としては商業地として需要の高さもありますが、それとならんで都心の喧騒とは無縁の閑静な住宅街の存在があります。松濤や代官山、広尾、代々木上原などに代表される高級住宅街には静かでゆったりした雰囲気がいっぱいです。そのような閑静なエリアでありながら、少し歩けばすぐにおしゃれなカフェやショッピングエリアに通じる利便性が共存しています。このような魅力がいつの時代でも人々を魅了し、資産価値の高さを維持してきました。

ハウジングメーカーを選ぶ際の注意点

このように利便性が高くて資産価値が高い反面、地価の高いこのエリアで家を建てる場合は、効率的な空間デザインが大切です。従ってハウジングメーカーを選ぶ際には単に価格だけで選ぶのではなく、空間効率について様々なアイデアを持つ建築家のいるメーカーを選ぶことが快適な家つくりには重要となってきます。その点、東京都内という立地から多数のハウジングメーカーがあり、空間効率について様々なアイデアを持つ建築家のいるメーカーから選ぶことができます。それがまさに渋谷で注文住宅に住む魅力とも言えます。まずは住宅展示場などを見学しつつ、予算や家つくりのポリシーなどからこれはと思われるメーカーを絞り込んでいきます。さらにメーカー側の姿勢を見極めることも大切ですが、建築家選びも大切な要素となってきます。最近のハウジングメーカーには多くの建築家を抱えていますので、複数の建築家がコンペ形式でアイデアを競い、顧客が好きな建築家を選ぶチャンスも多くなってきています。そのような機会を生かして相性の良さそうなハウジングメーカーをじっくりと選んでいくことができます。