渋谷で注文住宅を探すときのルールは、地元の工務店にこだわることです。裏技は、関東近県の工務店にも目を向けることです。首都圏は多くのハウスメーカーや不動産デベロッパーの本社が集中する、住宅産業の司令塔です。しかし、住まいの建築に限っては、必ずしも大手の会社の建物が優秀なわけではありません。大手の会社は首都圏だけの販売ではなく、全国で売れる住まいの建築を心掛けているため、首都圏の居住者にとっては最適ではない場合があります。首都圏には多くの工務店が存在します。経営規模の小さな個人営業のところや、多数の社員をかかえる比較的大きな会社まで様々です。地元の業者は地元の事情に精通しています。単に不動産としての土地や建物に詳しいだけでなく、住人の事情にも精通しています。

首都圏に根を張る住宅会社の必要性

渋谷で注文住宅を探す場合、地元の工務店から選ぶことが大切です。首都圏には多くの工務店が存在します。その多くは、この地域で代々、大工棟梁などとして活躍してきた職人の末裔たちです。江戸の住まい造りに誇りを持つ職人の末裔は、地域にも誇りを持っています。住まいは、単に技術力が高いだけで良い物が造れるわけではありません。地域住民の役に立とうという心構えが良い住まいを生みます。関西圏に拠点を持つハウスメーカーで、全国展開している会社は多くあります。その中には、使用する材料を節約することで原価を抑えることに、会社の資源のほとんどを費やしているような会社もあります。2×4工法や軽量鉄骨プレハブ工法の建築は要注意です。関東が地元の工務店は木造軸組み工法にこだわります。日本の気候風土の中で長持ちすることを知っているからです。

東京近郊で活躍する工務店の意外な実力

渋谷で注文住宅を探すときの裏技は、神奈川、埼玉、群馬、千葉などの業者に選択肢を広げることです。東京が地元の業者は技術力が高く、品質も一級品です。その代わり、工事費は高い傾向にあります。ところが、近県の業者に目を向けると、安い価格で住まいを提供している業者が見受けられます。技術力や地域への愛着は東京が地元の業者に劣るかもしれません。しかし、競争の厳しい関東で生き残っている業者はそれぞれに特徴があります。高い耐震性を売りにしている業者、自然素材を多く使い、健康的な住まいを造っている業者、自由な設計を心掛ける業者などがあります。デザインセンスの良さでは横浜の業者、物づくりでは群馬の業者が優れています。埼玉はサービス、千葉は価格の安さなど、それぞれに特色のある業者があり、裏技として使えます。